太陽光発電 比較 知らなきゃ損する3つのポイント!!

 

太陽光発電 比較

太陽光発電とは、そもそもどんなものなんでしょうか?
太陽光発電とは屋根に取り付けたパネルで発電し電気を作る、太陽の光を電気に変えるシステム。屋根に付けたパネル(太陽電池)で作られた電気は、沢山の機器を通して、お家で利用できる電気に変換します。
その発電した電気は家庭で使用できるほか、余った電気は余剰電力として高い料金単価で電力会社へ売ることもでき、取り付けた金額以上に経済的メリットが大きいことが魅力の一つです。また、計画停電や急な停電時でも太陽光が発電していれば1500wまで電気を利用できるので災害対策としても使用する事ができるのです。

太陽光発電比較

太陽光発電の仕組み

太陽光発電のしくみはこのようになっています。
太陽光発電 比較 知らなきゃ損する3つのポイント!!
太陽光発電は、屋根に取り付けた太陽光パネルに太陽光が当たることで発電します。
直流電力をパワーコンディショナという装置にて、家庭で電力として使用できる交流電力に変換
分電盤を通って様々な家電製品に供給される仕組みになっています。

 

クリーンエネルギーとしての比較

電力不足が深刻化する現在の日本、安全かつクリーンなエネルギーは無いものでしょうか?そこで大きな注目を浴びているのが太陽光発電システム。他の発電システムと太陽光発電を比較しても
CO2を排出することが一切なく
安全
維持費がほとんどかからない
太陽光発電は政府としても今後の新エネルギーの大黒柱として普及を急いでいます。すでに大規模な太陽光発電所が日本各地に建設する動きが始まっています。今後、電気料金の大幅な値上げが予想されることあり、太陽光発電の設置が比較的に可能な一般のご家庭でも家計と環境にやさしい太陽光発電の設置を検討される方が増えています。

 

太陽光発電の普及率

太陽光発電は補助金制度があるため、電力会社への売電価格の48円への引き上げをきっかけにこの2年間で急増してきてきています。
太陽光発電の販売がはじまった1993年には年間 1千世帯にも満たなかった住宅用太陽光発電ですが2010年には年間10万世帯を超え、東日本大震災のあった2011年には遂に累計100万世帯を超える位この2〜3年で太陽光発電を設置する家庭が加速化してきています。

 

太陽発電のメリットとデメリット

なぜここまで太陽光発電を導入する家庭が増えたのでしょうか?
太陽光発電には様々なメリットやデメリットがあります。

地球温暖化

地球温暖化などの環境問題、原子力発電、火力発電などのエネルギー問題が深刻化していることにより、関心を持つ人が増えています。

知名度

国や自治体、各太陽光発電メーカー等の太陽光発電の宣伝効果に加え、身の回りの導入者の紹介により認知度が向上しています。

経済効果

太陽光で発電した電力量が消費電力を上回った場合、電力会社へ送電し、その作った電気を売ることが可能です。
曇りや雨など天候が悪い日や夜間などは発電した電力だけでは足りない場合は、その不足分を従来通り電気会社から電気を購入します。
こうした電気の一連のやりとりは全て自動で行われ、機器を操作する必要はありません。
太陽光発電を導入した場合の経済的効果と太陽光発電を導入しなかった場合の経済的損失を比較すると、『太陽光発電導入した方が経済的効果が高く、さらに環境に優しい』 という結論が出ているんです。

 

価格.comを使って、最近の相場を調べる




価格.comは有名な、お値段比較サイトです。家電製品やPCなど身近なものの最安値を簡単に調べる事ができるんです。
このサイトを使って、太陽光発電も大体の相場が分かるので、時間がある時に少しだけ目を通して見ることが大事です。
価格.com公式サイトhttp://kakaku.com/taiyoukou/

 

太陽光発電 メーカー比較

では、どの太陽光発電メーカがいいの?と思っていませんか?住んでいる町や県でさまざまなメーカがあって分からない方。
こちらの一括見積もりを試してみてください。もちろん無料ですので、太陽光発電はいくらくらいかかるのか?なども分かると思います。

太陽光発電一括見積もり

100社以上の企業を一括見積もりしてくれるタイナビはこちら⇒http://www.tainavi.com/